クラス分けはどのように行われますか?
自分に合ったクラスがあるかどうか心配です!
ご心配はいりません。まず自分のレベルを判断するためのクラス分けのテストを実施しています。まったく中国語のわからない方から、もうすでに語学力のある方まで対応したクラスが見つかると思います。テストといって緊張される方もいらっしゃると思いますが、面接と30分の筆記テストによるものなので、気構える必要はございません。その数日後にクラス発表がございますが、納得がいかない場合のために二週間の猶予期間を設けていますので、その間に再度様々な授業を受講していただき、自分にあったクラスをお探し下さい。上級のクラスへの変更はテストが必要になります。(2006年より)
 実際のクラスはどのように構成されていますか?
大体一クラス二十人前後のクラスが多いと思います。(学年が上がるごとに少人数になっていく)クラスメートは現在のところ東南アジア(インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシアなど)の生徒が多く、彼らの中には華僑も少なくありません。次いで日本、韓国、ヨーロッパ、ロシアなど世界各地から来られた留学生で構成されています。きっといろいろな国の友達と交流ができると思います。
テストはあるのでしょうか?休日はどうなっていますか?
本校では現在二学期制をとっており、7月半ばから9月半ばまでの夏休みと、1月半ばから2月半ばまでの冬休みを挟んで授業が行われています。それぞれの学期には中間テストが4月末、10月末の一週間、期末テストは学期末にそれぞれ行われるのが通常です。基本的には土日は休みであり、中国の祝日である10月の国慶節の一週間、G・Wの一週間は休講となります。また中国は旧暦を採用しているため、2月前後が正月にあたりますので、クリスマス、1月1日以外は原則休みではございませんので、ご注意下さい。
具体的な授業内容はどのようなものなのでしょうか?
まずクラスは1年級(初級)から4年級(高級)まで用意されています。またその年級ごとに上・下とレベルが分けられており、上・下それぞれの中にA、B、C,・・・と細かくクラスに分かれています。例えば、全く今までに中国語を習ったことのない方ならば、1年級上のA班というクラスに所属することになります。どのクラスでも基本的にはすべて中国語で授業を行っておりますが、1年級上のA班等では、先生は簡単な中国語と英語を使っての授業になります。中心となる授業科目は、文法、ヒアリング、会話、読解が主になります。その他に選択科目として、ミンナン語、故事成語、太極拳、水墨画、音楽、ビジネス会話を選ぶこともできます。
毎日の授業時間帯を教えてください!
1科目90分間の授業です。月曜から金曜まで朝8時の1限目から夕方6時までの5限目まで授業が行われています。午前の部は8時~11時半(1限と2限)、昼休み(11時半~1時)を挟んで午後の部が1時~6時(3,4,5限)までとなっております。一般の日本の大学と同じくカリキュラムの組み方によって個人差がございますが、1日2,3科目平均の時間割がそれぞれのクラスで組まれています。