厦門(アモイ)大学は、1921年華僑の陳嘉庚によって開校され、広大な敷地の中には緑があふれモダンな建物と青い海に囲まれた閑静かつ優雅な中国屈指の総合国立大学です。

その中の海外教育学院は1956年に設立され、外国人留学生と華僑留学生を主な対象とした学部レベルの教育機関でありアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国ならびに日本人留学生も数多く在籍しています。

また生活においては、上海、北京などの有名都市と比べると生活費、住居費などの滞在費も比較的安く、マクドナルドやケンタッキー等のファーストフード店、カフェ、スーパーマーケットなどの施設も大学回りに点在し、その生活の利便性からも留学環境が整っていると言えます。

中国福建省厦門(アモイ)は、中国南東沿海地域に位置した関係から明代より貿易港として栄え、現在は中国4大経済特区の1つとして今なお発展途上であります。

風光明媚かつ気候は一年を通じて穏やかで雨にも恵まれています。平均気温は20℃、最高気温は38℃。アモイ市総人口は127万人、面積1565平方キロメートル、日本との時差は1時間です。

近年、アモイ港のインフラ整備により日本からも多数の企業が進出、また日本からの直行便の就航により観光、商用で訪れる日本人は急増しています。